GDO NEXT ~ゴルフの楽しい!をつぎつぎと~

バンコクのど真ん中で異次元ゴルフを体験「ロイヤル・バンコク・スポーツクラブ」

2017.06.11

 

都心のど真ん中で異次元ゴルフを満喫する。そんな体験ができるのが、バンコクの中心地にある「ロイヤル・バンコク・スポーツクラブ」だ。厳格な完全メンバーシップ制を敷いたステータスの高いゴルフ場で、メンテナンスはゴルフをやり込んだプレーヤーでも満足できるほどのハイレベル。タイを訪れたら、ツテを使ってでも一生に一度はラウンドしてみて欲しい――。


 

1892年にラーマ5世のチュラロンコン国王から許可を得て競馬場として設立されたのが、「ロイヤル・バンコク・スポーツクラブ」の発祥。その後、クリケットなど他のスポーツ施設やゴルフ場が追加され、現在の姿になった。

 

ゴルフ場が初めてオープンしたのは1905年。まず9ホールが造られ、ラマ7世が訪れた1926年頃に現在の原型が出来上がったという。

 

 

創設者がタイ国王なら、存命中はプミポン国王が名誉会長。メンバーにはタイの王族関係や政財界などの著名人が多く、由緒ある歴史を誇るスポーツクラブとなっている。そのため、ラウンドできるのはメンバーとメンバー同伴のビジターのみ。厳格なメンバーシップ制が敷かれており、ここでプレーできることはとても栄誉なことなのだ。

 

 

コースは、競馬場の中に18ホールをレイアウトしているため、フェアウェイは狭く距離も短い。しかし、競馬場のダートを兼ねたバンカーなどのハザードが巧みに配されており、難易度はなかなかのもの。途中でホールとホールが交差したり、ダートと芝の内外を行き来する他、ボールが360度どこからでも飛んでくるので、油断は禁物。普段のゴルフとは違う雰囲気の中で、エキサイティングなラウンドを楽しむことができる。

 

 

また、クラブハウスには競馬場とコースを一望できるオープンテラスのカジュアルなレストランに加え、格式高いレストランやバーがありタイの社交界を垣間見ることができる。

 

 

そして、このコースで特筆できることはなんといっても、そのアクセスの良さだろう。市内を走るBTS(スカイトレイン)シーロム線ラチャダムリ駅の目の前にあるので、市内に滞在していれば、渋滞で有名なバンコクでも短時間でコースにたどり着ける。

 

詳しくは動画でも>>

間近にそびえ立つ高層ビルを眺めながらのプレーは、私たちが知るコースでのそれとは180度異なるもの。タイを訪問したなら、一生に一度は体験しておきたいゴルフ場の一つといえるだろう。

 

詳しくは動画でも>>

 

 

 

【周辺情報】
タイ国政府観光庁(バンコク)
トリップアドバイザー(バンコク)
バンコクナビ
 

ロイヤル・バンコク・スポーツクラブ/Royal Bangkok Sports Club

1 Henri Dunant Street, Pathumwan Bangkok 10330, Thailand
Tel.  (66) 2652-5000
Fax. (66) 2255-4158
Website: https://www.rbsc.org/
Email: sportsclub@rbsc.org


GDO NEXTって、どんなサイト?>>

ゴルフの楽しさを全てのゴルファーへ提供する、ゴルフダイジェストオンライン(GDO)が運営するファンサイトです。

GDO NEXTへの読者登録はこちらから>>

<登録メリット>

●新しいゴルフの楽しみ方やプロゴルファーへのインタビューを楽しむことができる!

●豪華景品や他では手に入らないGDOオリジナルグッズをGETできる!

●国内外のリゾートゴルフを体験できるアンバサダープログラムに参加できる!

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル