GDO NEXT ~ゴルフの楽しい!をつぎつぎと~

憧れの地で心が躍る幸せなひと時を……「サイアムカントリークラブ・パタヤ・オールドコース」

2017.05.05

 

サイアムカントリークラブ・パタヤ・オールドコース」は、タイの自動車王と称されるサイアム・モーターズの創立者Dr. ターウォン・ポンプラパー氏によって創られた由緒正しい名門ゴルフコース。2007年からは「ホンダLPGAタイランド」の舞台となっており、2010年に宮里藍選手が最終日6打差を大逆転して優勝を飾った試合は、多くのゴルフファンの記憶に残っているだろう。コースを訪れた誰もが、グリーンやフェアウェイの完璧なまでのメンテナンスはもちろんのこと、植栽された樹木や花が織りなす景観の美しさに驚き、心が躍るような幸せなひと時を過ごすことができる場所だ。


 

サイアムカントリークラブ・パタヤ・オールドコース」は1971年に和泉一介氏のデザインによりオープンし、40年以上の歴史を誇るコースだ。2007年に、シュミット・カーレイデザイン事務所のリー・シュミット氏の設計によりリニューアルされ、どこか日本的な雰囲気を持ちながらも、随所に仕掛けられたスリリングな罠への攻略を楽しめる、チャレンジングなレイアウトとなっている。

 

 

パタヤ地方の山間部を切り開いた地形を活かしたもので、適度に起伏があるフェアウェイ、太くて高い木々、深いバンカーなどが難易度を高めている。クラシックで伝統的なツリーラインに佇み、数々の歴史に思いを馳せながらチャレンジングなレイアウトを楽しめるため、多くのゴルファーの憧れの地となっているが、正確なショットが打てないとかなり苦戦を強いられ、せっかくの美しいランドスケープを堪能することは難しいだろう。

 

 

 

山間部にあるため、他のタイのコースとは異なり池は少ないが、その分、合計101個のバンカーが大きな口を開けて待っている。これらのバンカーに入れてしまうと大トラブルになる可能性があり、要注意だ。

 

 

フィニッシングホールの18番は、特にグリーン周りの難易度が高く、ホールアウトする瞬間まで気が抜けないほどの緊張感を味わうことができる。見た目以上にアンジュレーションが激しく、奥につけるのを避けて手前に置こうとしても、アプローチで何度も手前に落とされる結果になる。相当な上級者でも油断は禁物だ。
  
 

 

また、練習場ではたっぷり300ヤードの距離を芝から打つことができ、その上、アプローチ、バンカー、パッティング練習場も完備しており、トーナメントコースらしく完璧な練習環境だ。

 

 

タイのゴルフはバンコク周辺のコースを楽しむのが定番だが、パタヤまで足を延ばして、「サイアムカントリークラブ・パタヤ・オールドコース」でのラウンドをオススメする。バンコクからはクルマで約2時間かかるが、パタヤの中心地からは約30分。パタヤにステイして、ナイトライフや観光を楽しみながら、敷地内にある「サイアムカントリークラブ・プランテーション」と「サイアムカントリークラブ・ウォーターサイド」と合わせてラウンドするのも良いだろう。

 

 

サイアム・カントリークラブ・オールドコースSiam Country Club Old Course

50 Moo 9 T. Pong, Banglamung, Chonburi 20150, Thailand
Tel.   (66 2) 216 2048
Fax.  (66 94) 490 3188
Website: http://siamcountryclub.com/
Email: japan@siamcountryclub.com

 

【周辺情報】
タイ国政府観光庁(パタヤ)
トリップアドバイザー(パタヤ)


GDO NEXTって、どんなサイト?>>

ゴルフの楽しさを全てのゴルファーへ提供する、ゴルフダイジェストオンライン(GDO)が運営するファンサイトです。

GDO NEXTへの読者登録はこちらから>>

<登録メリット>

●新しいゴルフの楽しみ方やプロゴルファーへのインタビューを楽しむことができる!

●豪華景品や他では手に入らないGDOオリジナルグッズをGETできる!

●国内外のリゾートゴルフを体験できるアンバサダープログラムに参加できる!

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル