GDO NEXT ~ゴルフの楽しい!をつぎつぎと~

ワクワク感が止まらないタイ屈指の名門コース!「アルパイン・ゴルフクラブ」

2017.02.02

 

バンコクでのゴルフを語るときに、必ずと言っていいほど耳にするコースの一つ、それが「アルパイン・ゴルフクラブ」だ。クラブハウスに足を踏み入れた瞬間からワクワク感が止まらない、そんな気分にさせてくれるタイ屈指の名門コースで、ラグジュアリーなゴルフを楽しもう。

 


 

1996年にオープンした、「アルパイン・ゴルフクラブ」は、平らな水田地帯に起伏のある丘を作って設計された。デザインはロナルド・M・ガール氏で、アメリカを中心に世界中で数多くのコースを手がけてきた名匠だ。

 

タイ有数のチャンピオンシップコースの、「アルパイン・ゴルフクラブ」は、これまで多くのトーナメントが開催されてきた。1998年には、「第13回アジア大会」「タイ航空PGAトーナメント」を開催。そして「アルパイン・ゴルフクラブ」がその名を世界に知らしめたのが、2000年の欧州ツアー「ジョニー・ウォーカー・クラシック」。優勝したタイガー・ウッズのスコアが通算25アンダーを記録し、タイの中でも知名度、人気ともにトップクラスの人気を誇るコースの一つになった。

 

 

全体的にフラットに見えるが、平地に丘を作ることが得意なガール氏の設計だけに、コースの左右に巧みなアップダウンがつけられており、茂った林の中に入ってしまえば脱出は困難。バンカーや池も多く、良いスコアで回るにはそれなりのスキルが求められる。

 

果敢に2オンを狙うか、レイアップして確実にスコアメイクするかはあなた次第

 

シグネチャーホールがいくつもある、「アルパイン・ゴルフクラブ」だが、ここでご紹介したいのはホワイトから471ヤードの7番パー5。ストレートなレイアウトになっており、2オンが狙えるものの、グリーンは池に囲まれたアイランドグリーンになっており、セカンドで乗せるにはかなりの実力が必要。

 

ホワイトから349ヤードの11番パー4は、グリーンの三方向を池に、残る一方をバンカーに囲まれておりゴルファーにプレッシャーを与えている

 

人気のレストランをはじめ、バンケットルーム、豪華なロッカールームやプロショップを完備したクラブハウス。ラグジュアリーながらも華美ではないところがオシャレだ。

 

 

プロショップにはお土産に最適なコースのロゴがついたグッズが数多く並ぶ

 

駐在の日本人メンバーや、接待目的のゴルファーからの評判が高いラグジュアリー感が漂うレストラン。アルコールが楽しめるバーだけでなく、テラス席もあるのが特徴。メニューも地元のタイ料理はもちろん、日本食、中華、欧州料理などバラエティに富んでいるので、その日の気分で楽しめる。

 

 

また会議やパーティで利用できるバンケットルームを豊富に取り揃えているのもこのコースの特徴。中でも4室ある「SEIZEN ROOM」という畳を敷き詰めた和室は人気の部屋となっている。

 

プリッツプリのエビがこれでもかと入った、タイを代表する春雨サラダ「ヤムンセン」

 

詳しくは動画でも>>

 

アルパイン・ゴルフクラブ/Alpine Golf & Sports Club

99 M.9 Bangkhan-Sathaneevithayu Road, Klong 5, Klong Luang, Pathumthani 12120 Thailand
Tel. +66-2577-3333
Fax. +66-2577-7101
Website: http://www.alpinegolfclub.com/home.php?lang=jp
Email: alpine@alpinegolfclub.com    

 

【周辺情報】

タイ国政府観光庁(バンコク)
トリップアドバイザー(バンコク)
バンコクナビ  


GDO NEXTって、どんなサイト?>>

ゴルフの楽しさを全てのゴルファーへ提供する、ゴルフダイジェストオンライン(GDO)が運営するファンサイトです。

GDO NEXTへの読者登録はこちらから>>

<登録メリット>

●新しいゴルフの楽しみ方やプロゴルファーへのインタビューを楽しむことができる!

●豪華景品や他では手に入らないGDOオリジナルグッズをGETできる!

●国内外のリゾートゴルフを体験できるアンバサダープログラムに参加できる!

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル