GDO NEXT ~ゴルフの楽しい!をつぎつぎと~

欲張りゴルファーも大満足!真剣に遊んだ後は湯船でゆったり「ロータスバレー・ゴルフリゾート」

2017.05.04

 

ロータスバレー・ゴルフリゾート」は、アジアでは数少ないゲイリー・プレイヤーが設計したコース。日本のゴルファーに嬉しい設備が整っていることから、ビジターの過半数は日本人で、そのリピート率も高い。リゾートな雰囲気を楽しみながらも、戦略性のあるレイアウトを楽しむことができる、その魅力を紹介しよう。

 

クラブハウスの入り口には6,000平方メートルもある広々とした吹き抜けがあり、目の前にはいきなり美しいゴルフ場の景観が広がり目が奪われる。これだけで、その日のゴルフが楽しくなることは間違いないと思わせてくれる、そんなワクワク感をかりたてる演出だ。

 

オープンしたのは1998年。それを9年前にジョン・モロウとターフプロゴルフのクレイグ・バートラムが改造。元のコースルートは残しながらも、より起伏をつけたグリーン周りの改修により一段と魅力を増した。

 

 

距離は6,955ヤード(パー72)あるチャンピオンシップコースで、全体的にフラットなレイアウト。適度なアンジュレーションに池やバンカーが巧みに配されており、難易度はリゾートコースとしては高い。こので気分よくプレーしたいなら、ある程度のショットの正確性が求められるだろう。

 

 

また300ヤードの距離を誇るドライビングレンジは14打席を完備。さらに、初心者や練習用にパー3ホールが3つ追加され、アプローチや実践的な練習をしたい熱心なゴルファーにはこれ以上ない環境が揃っている。

 

 

さて、スループレーの後はお待ちかねのランチタイム。腹ペコなゴルファーの食欲を満たしてくれるのが、評判のレストラン「LOTUS CORNER」だ。タイ、和食、中華、洋食など幅広いメニューを揃えており、味もコースに負けず劣らず。プレー後の食事を楽しみに足を運ぶゴルファーも多い。

 

ごはんがススム、タイのレッドカレー「ゲーン・ペット」。見た目よりも辛くなく、ココナッツ風味のマイルドな味付け

 

新鮮なシーフドと生胡椒の炒め物。とろみがついてコクのある味わいだ

 

そして日本のゴルファーにとって魅力的なのが、ロッカールームに日本式の大浴場があること。タイには湯船があるコースは少ないが、この「ロータスバレー・ゴルフリゾート」なら、汗を洗い流して浴槽で疲れを癒しリラックスできるのだ。

 

ロータスバレー・ゴルフリゾート」は、「ゴルフコースから学びたい」という向上心のあるゴルファーに、素晴らしいコンディションとコースマネージメントが求められるレイアウトを提供してくれる。真剣に遊びながらも、美味しい食事を楽しみ、大きな湯船でリラックスできる、欲張りな日本人ゴルファーを満たしてくれるゴルフ場だ。

 

詳しくは動画でも>>

 

スワンナプーム国際空港からは約50分なので早朝便で直行するのがベター。またバンコクからは約1時間30分ほどかかるが、コース前の道路が2年以内に整備される予定でアクセスも改善される。

 

 

ロータスバレー・ゴルフリゾート/Lotus Valley Golf Resort

103/2 Moo 8 Ongkarak-Bangnamprieo Rd. Donkohka, Bangnnamprieo, Chachoengsao, 24170 Thailand
Tel.   +66(0)38 835-555
Fax.  +66(0)38 835-556
Website: http://lotusvalley.co.th/index.php
Email: rsvn@lotusvalley.co.th

 

【周辺情報】
タイ国政府観光庁(バンコク)
トリップアドバイザー(バンコク)
バンコクナビ


GDO NEXTって、どんなサイト?>>

ゴルフの楽しさを全てのゴルファーへ提供する、ゴルフダイジェストオンライン(GDO)が運営するファンサイトです。

GDO NEXTへの読者登録はこちらから>>

<登録メリット>

●新しいゴルフの楽しみ方やプロゴルファーへのインタビューを楽しむことができる!

●豪華景品や他では手に入らないGDOオリジナルグッズをGETできる!

●国内外のリゾートゴルフを体験できるアンバサダープログラムに参加できる!

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル