GDO NEXT ~ゴルフの楽しい!をつぎつぎと~

6ホールで完結!?斬新にして本格的なゴルフが楽しめる「ニカンティ・ゴルフクラブ」

2017.04.04

 

バンコク中心地からクルマで約50分、朝食、グリーンフィ、カートフィ、キャディフィ、そしてスルーラウンド後のランチまでオールインクルーシブで楽しめる「ニカンティ・ゴルフクラブ」。リゾート気分で足を踏み入れると痛い目に合うが、本格的なコースセッティングを楽しめる2014年にオープンしたばかりのコースだ。


 

タイでのんびりとラウンドをしようと訪れた、リゾート気分のゴルファーに刺激を与えてくれるのが、タイ最新の難関コース、「ニカンティ・ゴルフクラブ」。コースの所々に、このようなバンカーが待ち構えておりセッティングは超シビアだ。

 

2014年オープン。バンコクから車で西に約50分のナコンパトムの高級住宅地に位置し、ハイクオリティなコースとして評判だ

 

最大の特徴は、これまでのアウト9ホール、イン9ホールの18ホールで構成されているゴルフコースとしての「当たり前」を覆していること。「ニカンティ・ゴルフクラブ」のレイアウトは、1〜6番、7〜12番、13〜18番と18ホールを3つに分けており、それら6ホールにはパー3、パー4、パー5がそれぞれ2つ組み込んでいるのだ。つまりスタートホールが1、7、13番で、スコア集計を6ホールごとにするということ。だから、今まで気づかなかったスコアメイク術が見つかるかもしれない。

 

6ホールごとにコースを配分したのは、ロングヒッターだけが有利にならないようにしたいという意向に沿った結果。フルバックから全長6,789ヤードと距離はそれほどでもないが、池、バンカー、フェアウェイの傾斜、グリーンのスピードなど随所にゴルファーを苦しめる仕掛けがあり、中・上級者でもスコアメイクがかなり難しいコースとなっている。

絶妙にアンジュレーションがついたグリーン。ライン、スピード、すべてを読み切らないとカップインは難しい

 

池、バンカーによる視覚的なプレッシャーを与えるホールも配置されていおり、リゾート気分も引き締まる

 

おしゃれでシック、そして高級感溢れるクラブハウスも、「ニカンティ・ゴルフクラブ」の魅力。もちろんレストラン、ロッカールーム、プロショップを完備しており、ゴルファーをラグジュアリーな気分にさせてくれる

 

 

クラブハウスからコースに降りると、吹き抜けになっている空間があり、ここで寛いでいると、高級ホテルにいるかのような気分になる

 

18ホールスルーラウンドの後はお腹もペコペコ。インクルーシブのランチビュッフェでタイ料理を満喫

 

ニカンティ・ゴルフクラブ/NIKANTI GOLF CLUB

333 Moo 2 T.Dhammasala, A.Muang, Nakhon Pathom 73000

Tel:+66 34 965666

Fax:+66 34 240649 

Website:https://www.nikantigolfclub.com/index.php?lang=jp

Email:info@nikantigolfclub.com    

 

バンコクから西に車で約50分。スワンナプーム国際空港からだと約1時間30分ほどに位置している。

【周辺情報】

タイ国政府観光庁(バンコク)
トリップアドバイザー(バンコク)
バンコクナビ


GDO NEXTって、どんなサイト?>>

ゴルフの楽しさを全てのゴルファーへ提供する、ゴルフダイジェストオンライン(GDO)が運営するファンサイトです。

GDO NEXTへの読者登録はこちらから>>

<登録メリット>

●新しいゴルフの楽しみ方やプロゴルファーへのインタビューを楽しむことができる!

●豪華景品や他では手に入らないGDOオリジナルグッズをGETできる!

●国内外のリゾートゴルフを体験できるアンバサダープログラムに参加できる!

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル