GDO NEXT ~ゴルフの楽しい!をつぎつぎと~

冬ゴルフのメリットいろいろ、こんなにあるんです!

2017.1.30

 

そ、それにしても寒い……。都内で最低気温がマイナスになる日もあり、これだけ寒いと外出が億劫で、ゴルフ場や練習場から足が遠のく方も多いのでは?でも、そんな冬こそ、ゴルフ仲間に差をつけるチャンス。冬ゴルフは、考え方次第で、シーズンが始まってからのあなたのゴルフを変えるのです!

 


 

ラウンド回数が減ってしまい、「寒い中でスイングしたら調子を崩しそう」「スコアメイクが大変」「厚着だからクラブが振りにくい」「ケガしそう」なんて考えて、冬眠状態なりがちだ。でも、冬のゴルフには色々なメリットがある。例えばこんな風に考えてみてはどうだろう。

 

●厚着なのを逆手にとってリズム感をつける

 

厚着をしていると身体を動かすことが難しく、しっかり肩を回してフルスイングは難しい。そんな時はリズムやテンポだけを意識して、スイングしてみてはいかがだろう。フルスイングではなく、1~2番手長いクラブを芯で捉えることを心がけて、スリークォーターくらいで振れば、方向性だって良くなるはず。

 

 

●普段使わないクラブを使う

大きな番手のFWやロングアイアンは、「バッグの飾り」になりがち。冬のゴルフは飛距離が落ちる傾向があるので、普段は敬遠しがちな番手を積極的に使ってみよう。リズム感を大切にしてインパクト重視でスインズすれば、望んだ結果になるはず。その結果は自信となり、シーズンインしてからのあなたのゴルフを変えるのだ。

 

 

●ゴルフは飛ばしじゃないことが経験できる

「Drive is a show」という言葉がある。確かにドライバーで爽快に飛ばすことはゴルフの醍醐味だが、冬にそれを求めても仕方ないないだろう。飛距離よりも、いかに正確にボールをグリーンに運んでスコアメイクするかを体験しよう。つまりコースマネージメントの力がつくということ。こうしてパーやバーディが獲れることを知れば、あなたのプレースタイルの選択肢は大きく広がる。

 

 

これらに加えて重要になってくるのが、冬でもゴルフを定期的に行なっていれば、「ラウンド勘」をキープできるということだ。ゴルフシーズン到来となる春に大叩きして、「いやー、久しぶりのゴルフだったからさぁ」というエクスキューズこそできなくなってしまうが、冬でも定期的にラウンドして、リズムやテンポ、状況判断を鈍らせないようにしよう。

 

冬の時期は各ゴルフ場が特別価格を用意しているので、リーズナブルにプレーできることも冬ゴルフの魅力の一つ。冬ゴルフへの考え方を見直せば、バーディはもっともっと増えるはずだ。


ゴルフ菜園プロジェクト~みんなのバーディでアフリカに菜園をつくろう~

 

 

あなたのバーディが世界を救う!

GDOはゴルファーが楽しく、真剣にプレーすることで、社会に貢献できる仕組みを考えました。

参加方法はカンタン!プレーをしてGDOスコア管理でスコア登録をするだけで、GDOが1バーディあたり10円を開発途上国の菜園づくりのために寄付します。

 

いますぐゴルフを楽しみながら社会貢献をしよう>>


GDO NEXTって、どんなサイト?>>

ゴルフの楽しさを全てのゴルファーへ提供する、ゴルフダイジェストオンライン(GDO)が運営するファンサイトです。

GDO NEXTへの読者登録はこちらから>>

 

<登録メリット>

●新しいゴルフの楽しみ方やプロゴルファーへのインタビューを楽しむことができる!

●豪華景品や他では手に入らないGDOオリジナルグッズをGETできる!

●国内外のリゾートゴルフを体験できるアンバサダープログラムに参加できる!

 

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル