GDO NEXT ~ゴルフの楽しい!をつぎつぎと~

ゴルフ上達の近道〜最新のテクノロジーを試してみる編〜

2017.03.10
 
国内女子ツアーも開幕し、徐々に春めいてきて、キレイな緑の芝生でラウンドできる日も近づいてきた。でも、待てよ……、この冬は全く運動をしていないし、スイングに不安がよぎる。今まで全くと言っていいほど、レッスンを受けたことがなかった私は、最新のテクノロジーと独自の上達メソッドが売りのゴルフテックを訪れ、今シーズンのゴルフに備える準備をしたのだった――。
 

Text&Photo by Yusuke Hirokane


「習うより慣れよ」は古い言葉?

 

「習うより慣れよ」とは、人や本などから教わるよりも、自分で練習や経験を重ねた方が覚えが良いという意味だ。確かに、ほんのちょっと前までは、いわゆる“スポ根”に代表されるような「水を飲むな」、「気合いで何とかなる」、「うさぎ跳び(今では有害な運動として扱われている)」と言った精神論的なスポーツ指導が多く存在した。ましてや、技術指導も今のように体系化されておらず、いわば属人的な指導者の経験を元に指導がなされていた。

 

自身のスポーツ経験を振り返ってみても、運動神経に自信(今となっては過信だった)があったこともあり、黙々と、ただひたすらに反復練習を繰り返して体に覚え込ませた。それは自然と“自己流”という解釈の良い言葉に置き換えられ、不恰好なスイングに形を変えた。誤った動きを習得してしまい、下手固め、あるいは非効率な誤った動きにより、体を故障させてしまっては悲しいだけだ。

 

だから、絶対に頼るべなんだ。「最新のテクノロジー」に――。

 

全米No,1のゴルフスクール「ゴルフテック」

 

GolfTEC(ゴルフテック)」は米国コロラド州デンバーに本社を置く、アメリカ最大のゴルフレッスンチェーン。1995年の創業以来、25万人を超える受講者数、累計600万回以上のレッスン実績を誇り、全米ゴルフレッスン市場の25%以上のシェアを占めている。 ここでは、最新のテクノロジーを駆使した「可視化されたゴルフレッスン」が定評だ。現在ではGDOが関東に8店舗を展開、運営している。

 

ゴルフテック六本木店

 

最新テクノロジーでスイングを可視化

 

ゴルフテックのレッスンは、より短い時間で効率よく上達したい、と願う人のニーズを最新のテクノロジーで満たしてくれる。ゴルフテック独自システムのモーションセンサー(動作計測機器)は、まさにゴルフ上達の近道だ。センサーを腰と肩に着用し、スイング中の身体の動きをデータ計測。 コーチの主観だけではない、客観的なデータを基にスイング分析を行い、ビデオ(動画)でチェックすることができるのが特徴だ。

 

腰と肩にセンサーを着用してスイングを分析する

 

動画撮影と弾道計測機を用いて、多角的かつ、極めて合理的にスイングチェックを行う

 

完全マンツーマンレッスン

 

極めて高度な技術で分析された自身のスイングだが、最終的に教えてくれるのは、もちろん人間だ。十分な研修を受けた認定コーチが、ゴルフテック流のメソッドでみなさんの上達を本物にしてくれる。ゴルフテックの特徴は、完全なるマンツーマンレッスン。一人一人のレベルやニーズにあったレッスンを受けることができる。

 

手取り足取りのマンツーマンレッスンが定評だ

 

ゴルフの醍醐味はやっぱりバーディ

 

人それぞれ、ゴルフの楽しみ方や、それを楽しいと思う瞬間は違うだろう。でも、やはりこの競技の特性は「少ない打数で上がること」であるが故、どんなスコアでプレーしたかと言うのは重要な要素だ。また、極めて上手くいくことが少ないため、自分の思い通りの球が打てた瞬間は、実に気持ちいが良いものである。

 

昨年、イチローは日米通算安打記録を更新した際に、ここまで野球を続けられたのは何故か?と言う記者の質問にこう答えた。

 

「上手くいかないことの方が多いから続けられた」

 

4000本安打を達成した時も、「8000回以上、悔しい思いをしている」と。そう考えるとゴルフも野球に似ているのかもしれない。野球でいう安打は、ゴルフで言うバーディに近いのだろう。ゴルフの至福の瞬間は、間違いなく「バーディ」だ。

 

ゴルフ菜園プロジェクトに参加しよう

 

ゴルフ菜園プロジェクト〜みんなのバーディでアフリカに菜園をつくろう〜」は、GDOのスコア管理アプリを使って、その日のラウンドでバーディを獲得し登録すれば、1バーディにつき10円がアフリカ菜園作りに寄付されるプロジェクト。現在(2017年3月9日現在)で、ユーザーのみなさんの90万近いバーディが積み上げられている。今年は、ゴルフ上達に励んで、たくさんラウンドして、たくさんバーディを取って社会貢献するのも悪くない。もちろん、ちゃんと仕事をした上で……。

 

ゴルフテック横浜桜木町スタジオのコーチ陣

 

今後、ゴルフテックのコーチ陣に「バーディを獲るために必要なことは?」をテーマにした、レッスン動画も展開予定だ。乞うご期待!


ゴルフ菜園プロジェクト~みんなのバーディでアフリカに菜園をつくろう~

 

 

あなたのバーディが世界を救う!

GDOはゴルファーが楽しく、真剣にプレーすることで、社会に貢献できる仕組みを考えました。

参加方法はカンタン!プレーをしてGDOスコア管理でスコア登録をするだけで、GDOが1バーディあたり10円を開発途上国の菜園づくりのために寄付します。

 

いますぐゴルフを楽しみながら社会貢献をしよう>>


広兼祐介(ひろかね・ゆうすけ)

SPORTS WAVE株式会社代表。幼少時代から興味はスポーツだけの自称スポーツオタク。大学ではスポーツビジネスを専攻。所属していた体育会ゴルフ部では主に芝生を温める専門(補欠選手兼、宴会部長)。その後、ゴルフ専門チャンネル勤務を経て2016年に独立。ゴルフコンテンツ、スノーパークイベントを中心にスポーツの素晴らしさ、楽しさを広める活動を行っている。

 


GDO NEXTって、どんなサイト?>>

ゴルフの楽しさを全てのゴルファーへ提供する、ゴルフダイジェストオンライン(GDO)が運営するファンサイトです。

GDO NEXTへの読者登録はこちらから>>

<登録メリット>

●新しいゴルフの楽しみ方やプロゴルファーへのインタビューを楽しむことができる!

●豪華景品や他では手に入らないGDOオリジナルグッズをGETできる!

●国内外のリゾートゴルフを体験できるアンバサダープログラムに参加できる!

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル